境内のご案内境内のご案内

 1600年の建⽴以来、歴代住職により護持され約400年の歴史を有する妙⽞寺。現在の本堂及び客殿は、2018年6⽉に再建され、同年10⽉に落慶法要が⾏われました。⽇本の風⼟に適した⽊材を使⽤し、古式に則った重厚さと近代的な機能性を有した建物です。本堂には、三宝尊と最上尊、清水宗治公ご位牌、花房家ご位牌がお祀りされています。

 境内には、備中⾼松城主・清⽔宗治公の遺徳を偲ぶ供養塔が建⽴され、歴史愛好家を始め多くの観光客が訪れます。